会った時や別れ際、女性が手を振るのは好意あり? その心理とは

会った時や別れ際、女性が手を振るのは好意あり? その心理とは

子どもの頃は、挨拶でしかなかった手を振る行為。
何気ない動作ゆえ、手を振ることについて向き合うことなどないかもしれません。

ですが、大人になり、ふとした瞬間に意識することがありませんか?

あなたが男性の場合は、気になる女性が別れ際に手を振ってきたとき。
あなたが女性の場合は、それほど親しくない男性が別れ際に手を振ってきたとき。

「どうして手を振ってしまったのだろう」「どうして手を振られたのだろう」と疑問に思う方は少なくないようです。
そこで今回は、意外と奥が深い「手を振る恋愛心理学」についてお届けします。

人が手を振るのは相手に本心を明かすため

人が手を振るのは相手に本心を明かすため

大きく手を振ってみたり、さり気なく胸元で手を振ってみたり……手を振ると言っても様々な振り方があります。

どの振り方でも共通しているのは”相手に手のひらを見せている”ということ。
よく、手のうちを明かすなんていいますよね? まさにそれです。

相手に積極的に手のひらを見せるということ……それは相手に本心を見せてもいいという気持ちの表れなのです。

男性が手を振るのは無自覚の好意の表れ

無意識に女性に対して手を振っていることがありませんか?
それも、特定の女性にだけです。

もしかしたら、無自覚の恋愛意識が芽生えているのかも……自分自身の恋愛感情に気が付くきっかけになるかもしれません。
ここでは、手を振る男性の心理をご紹介します。

男性が手を振る心理とは

親近感がある

男性 手を振る 親近感

相手の女性に対し親近感がある場合、無意識に手を振る行為をしているようです。

男性同士であれば、片手をあげて「じゃっ」と、挨拶するくらいですが、なかなか手は振らないでしょう。

手を振っているのは他の女性よりも特別な存在だと思っているからかもしれません。

好印象を持ってもらいたい

男性 手を振る 好印象をもってもらいたい

気になる女性には好印象を持ってもらいたいもの。
男性として印象に残りたい。その気持ちから、手を振るという特別な行動に移ります。

手を振り返してほしい

男性 手を振り返してもらいたい

男性にとって気になる女性の手を振る姿は、このうえなく可愛らしいものでしょう。

自分から手を振れば、条件反射で女性も手を振り返してくれるかもしれない。
手を振り返す姿をみたいがために、手を振るなんてこともあるのです。

離れたくない

離れたくない

それまで楽しい時間を過ごしていたのに、さよならしなければならない。
そんなとき、離れたくないという名残惜しさから手を振ることもあります。

無意識だったとしても、心の奥底ではもっと一緒にいたいという気持ちがあるのかもしれません。

女性の手を振り方で好意が分かる

前述の通り、手を振るということは、相手に本心を見せているのと同じです。

そのため、女性が手を振っている時の手の位置や振り方で、あなたに好意があるのか無いのかを見極めることも可能です。

ここでは、会った時と別れ際の手の振り方から分かる女性心理をご紹介します。

会った時に手を振る女性の心理とは

大きく手を振る

大きく手を振る

大きく手を振るのは、「あなたに会えて嬉しい」という気持ちの表れです。

また、「ここにいるよ!」と自分の存在をアピールしている場合もあります。
どちらにしても、あなたに会えた喜びや嬉しい気持ちを大きい手の振りで表しているのです。

この振り方をする女性の多くは、自分の気持ちをストレートに表現するタイプ。
人混みなどでは少々気恥ずかしいかもしれませんが、あなたに対して多少なりとも好意があると言えます。

顔の横で手を振る

顔の横で手を振る

会った時に顔の横で手を振るのは「気楽な関係がいい」という気持ちの表れです。

友達など気の知れた相手や、好意を持っていたとしても、今の関係より進むことを望まない、という感情が働いている時、特に深い意味がない単なる挨拶の場合にしがちな手の振り方です。

顔の横は、手を振るのに一番自然な位置で、ごく自然なこと。
無意識に手を振っていることもあるでしょう。

顔の下で手を振る

顔の下で手を振る

顔の下で手を振るのは「好意を隠したい」という心理が働いてます。
好きな人に会えて嬉しいものの、”恥ずかしい” ”この思いを明かしたくない”という気持ちが強く、照れ隠しでこのような振り方になってしまいます。

この振り方をする女性は、恥ずかしがり屋で普段から気持ちを素直に表すのが苦手。
恥ずかしがりじゃない女性でも好きな相手の前だと恥ずかしさが先行してしまうのでこの振り方になることもあります。

別れ際に手を振る女性の心理とは

会った時も手を振りますが、「さようなら」「バイバイ」の意味を込めて別れ際にも手を振ります。
その手の振り方にも、このような深層心理が隠されています。

ずっと手を振る

ずっと手を振る

楽しい時間を過ごした後の別れ際、名残惜しくて大きく手を振ることがあります。
女性が大きく手を振りながら「またね」と声をかけてきたら、名残惜しいんだと思って正解です。

名残惜しくて手を振っている女性は、恋人や友人、好意のある相手なら同じように手を振る傾向にあります。
必ずしも好意があるとは限らないので注意が必要です。

ただ、嫌いな相手に手を振ることはありませんよね。
恋心とは別として好かれていることは間違いありません。

顔の横で手を振る

顔の横で手を振る

別れ際、顔の横で手を振るのは「ただの挨拶」かもしれません。
会った時と同様、ただの挨拶で手を振っていると考えた方が良いでしょう。

また、人によっては嫌いな人と早く別れたいから手を振ることもあります。
手を振っておけば早くその場から立ち去るだろうという心理が働いており、その場合も顔の横で手を振ります。

振り返った時にすぐに手を振るのをやめていたり、目を合わせてもくれない場合、残念ながら好印象を持たれているとは言えません。

顔の下で手を振る

顔の下で手を振る

別れ際、顔の下で手を振る女性には「もっと一緒にいたい」という心理があります。

本当はもっと一緒にいたいけど、思いを伝えられないという葛藤の中で手を振っており、手の位置が低くなってしまいがちなのです。
別れるのが嫌で手の位置が低くなってしまうこともあります。

また、顔の下で手を振る女性は、周囲の目を気にしている可能性があります。
周囲に自分の気持ちを気疲れたくない場合も顔より下で手を振りがちです。

別れ際に女性が顔の下で手を振っていたら、好意の表れだと判断しても良いでしょう。

まとめ

手を振るという行動は、相手に「手のうちをあかす」ということで、相手に本心を明かしていいという気持ちの表れでもあり、その相手に好意があるからこその行動です。

男性も親近感がある相手の場合、無意識に手を振ることはありますが、女性が手を振る心理は、男性が思っている以上に様々で、手の振り方で女性の深層心理が読み取れます。

手を振る心理学が分かれば、今後の恋愛に活かせるかもしれません。
もし、自分に手を振ってくれる女性に好意があるのなら、積極的にアピールしてみてくださいね!

<関連記事>好きな人にサインを送る女性は約7割!LINEやメールで分かる脈あり診断も合わせてどうぞ

この記事のライター

shugano

中学生と小学生の子を持つママライターです。趣味はハンドメイド。趣味にも仕事にもコーヒーとチョコは欠かせません。恋愛系の記事を多く執筆してきた経験を活かしたアドバイスやお役立ち情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す